本文へスキップ

マッサージや鍼灸のことなら木更津三井アウトレットパーク近くの宮野治療院へどうぞ。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0438-41-1223

〒163-0000 木更津市瓜倉313(金田西81-1)

コンセプトConcept

院長ごあいさつ

院長写真

鍼灸マッサージは人間本来の備わっている自己治癒力を呼び起こします。
私の灸は「熱くなく」「気持ちの良い」灸です。
私の指圧は柔術で磨いてきた身体感覚で柔らかく心地よく、かつ患部への効果の高い指圧です。
身体のバランスを整え治癒力を高めるには最適です。
「治療」と私が培ってきた「運動療法」を合わせた統合治療で根本治癒を目指します。
私の望みは患者さんが運動療法を身に付けて
セルフメンテナンス出来るようにする事です。
私と二人三脚で健康な身体に生まれ変わらせましょう。
      
本治療院の治療内容は下記のとおりです


院長写真

紫雲膏という漢方薬の軟膏を土台とした灸で「越石まつ江先生」のオリジナル灸です。
熱くなく痕に残らない気持ちの良い灸です。
もぐさを米粒より小さく(糸状灸)作り、体全体に据えことで、灸の刺激が自律神経・内分泌腺・気血の流れに直接関与して治癒力を高めます。
この灸をデルマトーム理論(関連痛)を応用することで、運動器系(腰痛・膝痛等)、内臓疾患(胃炎・癌等)、免疫疾患(花粉症・関節リウマチ等)の疾患に特に有効に治療効果がでます


指圧・マッサージ

院長写真

柔術で磨いてきた身体感覚で押す指圧です。
ゆっくりした圧を体幹で押すことで、気持ち良い刺激と「錯覚」されますが、刺激量(圧力+時間)は強く治療効果は高くなります。
押圧のかけ方を簡単に説明しますと、単に指や手で押すことはしません、柔術の「身のこなし」を使い、足が床を押すパワーを使って、足底⇒下肢⇒腰⇒体幹⇒上肢⇒手⇒指 と力をつなげて、最終的にそのパワーを
患部に通すして治療します


院長写真

西洋医学のデルマトーム理論(関連痛)を基本に治療を行っています。
細い鍼を使ってデルマトーム理論(関連痛)を応用することで、腰痛・膝痛等の運動器系の疾患、内臓疾患(胃炎・癌等)免疫疾患(花粉症・関節リウマチ・シェークレン症候)に効果がでます。
腰痛治療では、関連のある深部筋(腸腰筋)の緊張を取るため、長い鍼(50〜75o)も使用します。


AKA療法(関節運動学的アプローチ)

院長写真

骨盤にある仙腸関節(左図)は関節機能障害を起こしやすく「痛み」「シベレ」「こり」等の様々な症状の根本原因です。
この仙腸関節に機能障害が起こると、身体のいろいろな部位に影響し筋肉の異常な緊張が起こります。
このAKA療法は
仙腸関節の動きを滑らかにして、各部位の異常な緊張を緩め「痛み」「シビレ」「こり」等の症状を改善する治療法です。


運動療法(膝痛・腰痛・肩こりは不良姿勢が原因)

院長写真正しい姿勢と身体の緩め方を指導して、セルフメンテナンス出来るように。
@、正しい姿勢の重要ポイントは足底の重心位置です。親指重心を意識付けした立ち歩き方で良い姿勢が確保されます。
A、身体(筋肉)を緩め方のポイントは意識で心を緩めます。心と筋肉は相互関係にあり「呼吸法」を活用して心と身体(筋肉)を緩めることができます。
上記を基本にして、姿勢改善・膝痛・腰痛・肩こりの
エクササイズを指導します。「毎週水曜日15時〜治療院内で行っています。」


膝痛 (膝痛革命インソール)

院長写真

治療は痛みを発している炎症部位の筋肉や関節包灸をマッサージにより血行を改善させて、灸鍼で神経系に働きかけ痛みを軽減させます。
膝痛の根本原因は足底の重心が小指側であることです。
下肢の筋力が低下すると、足底の重心位置が小指になり膝が外側にズレ、膝への負担が増し痛みを発症します。
よって、私が考案(特許願P17-140平成29年3月24日)したインソールを使用することで、足底の重心位置を親指側に移り、正しい姿勢になり膝のへの負担が減ります。


根本治癒を目指す

良い筋肉(筋トレ+ストレッチ)を作り、正しい姿勢・動作を身につけ、治療(鍼灸マッサージ)と合わせて複合的な効果で根本治癒を目指します。私の望みは、患者さん自身が運動療法・ストレス解消法を身に着けて、自分で体調を整えられるようにしたい。
私と二人三脚で健康な身体に生まれ変わらせましょう。



このページの先頭へ

宮野指圧鍼灸治療院宮野指圧鍼灸治療院

〒292-0007
木更津市瓜倉313(金田西81-1)

TEL 0438-41-1223
FAX 0438-97-5413